この記事をシェアする

車の免許を取得するには

教習所に通って運転免許を取得する

最短で運転免許を取得する方法は、合宿に行くことになります。しかし、合宿に行くとなると、まとまった期間が必要になります。また、二週間から三週間程度、自宅から離れたところで、泊まり込みで合宿に来た他の人と過ごすことになります。

合宿に行くのが難しい人でも、教習所を利用して短期間で運転免許を取得することができます。教習所によっては短期コースを設けているところがあります。短期コースの名称は、教習所によって変わります。

短期コースの場合には、教習所の方が教習のスケジュールを組んでくれます。なので、教習の予約を何時に入れるのかや入れる手間を省けます。教習所によって、かかる期間は異なりますが、三週間程度で終わるようにしてくれます。

自宅周辺の教習所に通う場合には、地元周辺で練習するので、自宅周辺の道路事情について詳しく知ることができます。

教習所の短期コースのデメリット

教習所の短期コースに通う場合、費用が通常の料金に別途上乗されていることが多いです。運転免許取得にかかる費用が、通常の通学コースよりも高くなることが多いです。

短期コースには定員があり、教習が始まる日も決まっています。また、短期コースの募集は、早い段階で行っており、定員に達すると予約は締め切られます。なので、始まるのが二か月先の短期コースであっても、すでに定員に達していて締め切られていることがあります。

そのため、教習所の短期コースの場合には、早くから運転免許を取得するために行動を起こす必要があります。教習が始まる日や定員が決まっているので、自分の予定に合わせて教習所に通うことは難しいです。また、自宅から通える場所に、短期コースを設けている教習所が無い場合があります。