この記事をシェアする

合宿は短期集中で取得する

合宿のメリットとは

合宿は教習所が用意した合宿所に泊まり込んで、集中的に教習を受ける方法になります。なので、通学よりも短期間で、大体、二週間から三週間程度で運転免許を取得することが可能です。合宿で教習を受けた場合でも、運転免許センターでの技能試験の免除を受けることができます。

合宿は、あらかじめ教習の予定は組まれているので、教習所が混み合う時期でも予定通りに免許を取得することができます。

合宿にかかる費用は、通学するよりも費用を抑えることができます。通学は三十万円程度かかりますが、合宿は二十万円程度ですみ、教習所によっては、交通費を支給してくれるところもあります。

合宿を行う会社によって、受けられるサービスの内容が異なりますが、バーベキューや花火、漫画が読める、ネットが無料で利用できるなど色々なサービスを受けられます。

合宿のデメリット

合宿の場合、泊まり込みとなるので、二週間から三週間程度のまとまった期間が必要になります。合宿が混み合う時期の場合、料金が高くなるなど、時期によって費用が変動します。また、料金も合宿先によって変動します。

合宿の予約は早めに行わないと、参加できない可能性があります。二月、三月、八月、九月は合宿が混雑する時期になります。混雑する時期では、二か月前であっても、合宿の予約が締め切られる場合があるので、予約は早く入れないといけません。ですが、早割キャンペーンを行っているところもあるので、より安い費用で免許を取得することができます。

合宿は地元から離れた場所で行われるので、地元に戻った際には、車を不慣れな道で走らせることになります。しかし、教習所によっては、卒業の特典で地元での教習を行っているところもあります。